​ドローン飛行許可関連

sdg_icon_08_ja_2-290x290.png
sdg_icon_09_ja_2-290x290.png

映像制作等にとどまらず、物流、建設現場や設備の点検、農業での農薬散布など、その汎用性の高さと将来性で近年ますます注目が高まっているドローン(無人航空機)
​飛行禁止区域での飛行や、目視外飛行等の方法でドローンを飛ばすのには許可が必要です。当事務所ではドローンの飛行許可に関する様々なサポートを行っております。

32b083e4db5701b8c7acda06a7ecef09_t.jpeg

​業務の内容と報酬(例)

・飛行許可申請(DIPS)の代行
包括申請…38,500円~
個別申請…27,500
円~
〈内容〉
包括申請は同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合や、複数の場所で飛行を行う場合の申請です。
個別申請は包括申請以外の申請を指します。
事前にお伝えする資料や情報をご用意頂き、それをもとに申請作業の一切をお引き受け致します。

・許可承認後の維持管理…月額11,000円~
​〈内容〉

飛行の度に飛行情報共有システム(FISS)に飛行計画を登録、電子申請システム(DIPS)の管理などをお引き受け致します。
ご依頼者様がどれくらいドローンを活用されるかで工数にかなりの変動がありますので、報酬額は変動有り。

・飛行場所の関係法令の調査…11,000円~
〈内容〉
​飛行許可だけでなく、その場所の条例などにも配慮しなければ、気づかないうちにルール違反をしていた、となってしまうこともあり得ます。
そういったトラブルを回避するために、飛行を予定している場所の条例などを事前に調査致します。
​特に事業者の方々にとってはコンプライアンス等を徹底するうえでも重要な要素です。

-その他-
・道路使用許可…16,500円~

離着陸の場所が道路上になる場合に必要です。
・入林届…22,000円~
国有林野内でを飛行する際に必要です。