• 永田 智哉

自覚の無い”偉い人”たち…


最近はニュースなどで報じられる新規感染者の数が一時期に比べると少し減ってきているとはいえ、飲食業をはじめとする様々な人にとっては依然として厳しい状況が続いています。

僕自身も自分の仕事のことがあるとはいえ、何か役に立てることは無いかとしょっちゅう調べ物をしているような気がします。


しかし、そんな状況の中で最近よく報じられているのが、国会議員やその周辺の人たちが会食に参加していた、というような内容のニュースです。

報じられるたびに『申し訳ないと思っている』『あってはならないことだ』等と陳謝(笑)していますが、馬鹿にしているとしか思えないですね。


国民には自粛を求めたり罰則を規定したりするのに自分たちは深夜まで銀座のクラブをはしごし、バレたら『陳情を受けていた』等というふざけたような言い訳を神妙な顔でする…

国民を舐めているのか、それともまさか本気で自分たちは”一般国民”とは違う”上級国民”か何かだと思っているのでしょうか…?

これで『国民と一丸になってこの国難を乗り切る!!』なんて真顔で言い出すのですから、もはや怒りを通り越して呆れの領域ですし、見ているこちらが恥ずかしくなってきます。


文句を書き出したらキリがないのでこの辺にしておきますが、国を中枢から動かそうという”立派な(笑)”方々にはもう少しまともな大人というか、まともな人間としての振る舞いを見せてほしいものです。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示